リスク分析

Peterson は、商品および地理によって、お客様のサプライチェーンにおける社会的、環境的な悪影響のリスクをマッピングします。

サプライチェーンを理解することの重要性は高まっています。厳しい規制フレームワークの中で、消費者は製品の由来と生産方法について知ることを要求しています。また、責任ある事業の遂行と必須の規制に関するサステナビリティ・ガイドラインも考慮することが重要です。

多国籍企業に関する経済協力開発機構 (OECD) ガイドラインによると、リスクをマッピングし、適切な対策を取って、リスクを防止および軽減することは企業の責任です。また、このガイドラインでは、製品が生産された状況と、原材料が調達された場所について十分な情報を得ることを企業に義務付けています。

このため、サプライチェーンには多数の当事者が存在し、チェーンが複雑かつ不明瞭になっています。サプライチェーン全体の透明度が低下すると、社会的または環境的なリスクがある商品を取引および加工する可能性があります。

当社が分析する一般的なリスクには、児童労働または強制労働、大気および水質汚染、自然災害、森林破壊の可能性などがあります。お客様に対応して支援するために、当社は、サプライチェーンの透明度を改善し、法的規制を満たすための特殊ツールを開発しました。 

詳細については、Peterson までお問い合わせください。